メニューを開く

up!!!

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

※iOS10.0以降およびAndroid5.0以降対象

 前編に続き、米津玄師がアルバムごとに何を考えて創作に向き合ってきたか、そしてその過程で当初まったく行っていなかったライブ活動に対する意識がどのように変化していったのか、というテーマのインタビューをお届けする。この米津玄師というアーティストは、「普通はこうだから」という概念を一切持っていない。「普通ミュージシャンはライブをやるものだから」とか、「普通各地をツアーで回るものだから」という前提で動いていない。要はマニュアルに従うのではなく、自分でその必然を発見できないことはやらない、という話なのだが、いかにしてその必然をつかみとり、そしていかにして実行に移していったのかを、以下で語ってくれた。

——1stアルバム『diorama』は、いきなり結果がついてきましたよね。

米津:でも正直、俺は1位を獲ると思ってたんですよ。自分が感じる美しさとかすばらしさを100%詰め込んだので、これはもう世界一すばらしいものだと。でも結果はそうではなくて……その時って、自分の住んでる世界ってニコニコ動画だけで、その中でしか通用しないもので音楽を作っていたことを初めて理解した。自分が感じる美しさは、世界共通のものではないっていうことにようやく気づいた。ずっとひとりで作ってきて、ラクな方へラクな方へ進んでいった先が今だとしたら、俺がとらなかった、ラクじゃないほうの選択を今一度やらなければいけないんじゃないか。人と面と向かって会話をして、誰かと一緒にものを作る、誰かのためにものを作ることをやらなければいけないんじゃないかと。
 そう考えるようになって最初に作ったのが、『サンタマリア』っていう曲なんですけど……バンドでレコーディングする、ミュージシャンを招いて、「こういうふうにやってください」って話す、エンジニアの人とも話す、言葉を尽くす、ということをやりました。

米津玄師1

——大変でした?

米津:大変でしたね。『サンタマリア』を作り終えたあとは、ほんとに落ち込んだんです。自分の至らなさもそうだし、まわりに対する「なんでわかってくれないんだ」っていう怒りもあったし。今までまったくやってこなかったことを、いきなりやったわけだから、ものすごい拒否反応が自分の中に起きて。だからセカンドの『YANKEE』はどういうアルバムだったかなって考えてみたら、独りよがりな、自分が美しいと思う形と、そこから先のいろんな人にわかるような、普遍的な言葉と普遍的な音で作るということの、半分半分だなと思ったんですね。それなら次は、独りよがりな自分が思う美しさみたいなのをなるべく撤廃して、自分ができるかぎり普遍的なもので構築したアルバムを作ろう、と思ったところから始まりましたね、『Bremen』は。
 普遍的なものって、小学校3年生でもわかる感じで作文を書くようなもんだなと思って。複雑になればなるほど、誰しもに共通するものじゃなくなっていくわけじゃないですか。僕は徳島の生まれなんですけど、故郷に住んでる友達と10年ぶりとかに会ってみたら、もう全然違うんですよね、考えてることが。昔はほとんど一緒だったのに。ただ、変わってしまったけれども、相手と自分との間に共通しているものは確かにあって、「なるほど、普遍的なものっていうのはそういうことなのか」と思ったりして。
 たとえば田舎に住んでいて、音楽というものに対してあまり興味を持っていない人間が、それでも興味を持っている音楽と、今自分が作っている音楽とのかけ離れ具合を目の当たりにすると、ものすごく途方もない気持ちになりますよね。「俺もそういう音楽をやらなきゃいけないのか?」とか。でもやっぱり、普遍的なものを作らないと……強くありたいな、と思ったんですよね。一部の人間にだけ届く表現は脆弱というか、弱々しいなと思ってて。自分と真逆のところにいる、共感できる部分なんてひとつもないように見える人間にまで届く音楽を作れたら、それはすごいことだなと。そういう強さを身につけたいなと。

米津玄師2

——で、ライブっていうものに対しての考え方の変化もうかがいたいんですけども。

米津:ボカロやってた頃は、ライブは明確にやりたくないって思ってましたね。バンドは組みたいけどライブは別にやらなくていいと。

——それはなぜ?

  • 1
  • 2
メニュー閉じる