up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

“あなたの側で、生きてる音楽。”をコンセプトに、スペースシャワーTVがトップミュージシャンと送るプレミアムライブ番組『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”』。2012年の放送スタート以来、J-POP/ROCKファン垂涎ものの顔ぶれが出演してきたこの完全無料招待制の人気プログラムに、今秋デビュー10周年を迎える秦 基博が満を持して登場した。

普段の公演ではアリーナやホールを満杯にしているミュージシャンのライヴを、まったく異なる小さなライヴハウスで体感できるのが『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”』の特徴であり、大きな魅力だ。今回の会場は、東京は恵比寿のザ・ガーデンルームで、約22倍(!)の倍率を勝ち抜いて当選したラッキーなファン300人が招待された。これには秦本人も驚いたようで、MCで「すごい強運。人生はプラマイゼロなので、帰り道に気をつけて」と語り、爆笑を誘う場面も。

昨年12月にリリースされた3年ぶりのオリジナル・アルバム『青の光景』を、自身初となる全面セルフ・プロデュース&アレンジで作り上げた秦 基博。あらきゆうこ(Dr)、鈴木正人(B)、皆川真人(Key)、弓木英梨乃(G)という実力者からなるバンドをバックにステージに登場した彼は、同アルバムからの「ダイアローグ・モノローグ」で、しっとりとライヴをスタートさせた。

秦 基博1

それにしても、近い。秦とバンド・メンバーが寄り添うようにして、まさに目と鼻の先で演奏しているさまは、スタジオでのセッションを観ているかのようで、かなりのレア感。オーディエンスからも、ため息にも似た感激の声が上がる。

この日のセットリストは、『青の光景』収録曲を軸に秦 基博の最新モードを伝えつつ、過去の作品群から代表曲を選りすぐった濃密な構成。2曲目「ROUTES」で伸びやかなメロディを飛翔するような歌声で聴かせた秦は、続く「トレモロ降る夜」では弾むようなビートと流麗なベース・ラインに乗せて、ファルセットを交えた巧みなヴォーカルを披露。バンド感たっぷりのグルーヴィーなサウンドに、フロアの温度が一気に上昇した。

秦 基博2