up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

2014年に9年ぶりとなるアルバムを発表し、同時期に峯田以外のメンバー3名が脱退。以降、リスナーから様々な声が飛び交う中、それでも実直に自身の音楽、表現活動を、突き詰めてきた峯田和伸。
 あれから2年を経た今年の銀杏BOYZは初頭から堰を切ったかのようなラジカルな活動が目立つ。3月には合計4時間半にも及ぶDVD『愛地獄』を発売。続く4月13日(水)にはシングル『生きたい』をリリース。6月からは8年ぶりとなる全国ツアーを控える中、峯田の個人名義ではNHK BSプレミアム『プレミアムドラマ 奇跡の人』にも主演したりと、それまでのバイオグラフィーを振り返ってみても珍しいほど過密な動きである。
『uP!!!』ではこの濃厚な時期の銀杏BOYZ、そして峯田にとっての“今の時代”の表現に賭ける思いを2週に渡って深く聞いた。前編の今回は、この2年のライブの様子と、シングル『生きたい』を完成させた経緯を語ってもらった。

——今年に入ってから銀杏BOYZの活動が活発ですね。それまでの銀杏BOYZの流れから見ると、特に過剰な印象です。

峯田:詰め込み過ぎだよね(笑)。でも、何故かはわからないけど、僕はいつも本当に0か100で、それしか出来ないんです。もうちょっと、60くらいの感じでキープ出来れば良いんだろうけど、それが出来ないんです。
 ただ、2年前にアルバムを2枚やっと出せて、長いトンネルから抜けたことで、その辺りから外向きな感じというか、僕の中でオープンな感覚にはなったんです。この2年間は曲もよく出来るようになったのは確か。「曲が出来たから、ライブをやろう」とか、「光のなかに立っていてね」「BEACH」が出る前に比べれば、かなり外向きになりましたよ。たぶん、アルバムがまだ出来上がってなかったら、そういう感じにはならなかったと思います。

峯田和伸インタビュー前編①

——確かにライブはこの2年間で増えていて、特に去年は多かった気がします。オリジナルメンバーの3人が抜けた後、サポートメンバーと演奏したりとか。

峯田:去年も結構やりました。でも、去年はまだサポートメンバーとは結成して1年も経っていない大学生バンドみたいな感じだったかな。バンドって、経験をいっぱい積むしかないですから。それを去年やってた感じですね。物足りなさって、ライブでは絶対に感じたくないから。