up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」で放送中のレギュラー番組「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」から生まれたライブイベントが、大阪・なんばHatchで11月10日(木)に開催された。番組同様、チュートリアルと青文字系モデルとして人気を博す菅沼ゆりがMCを務めた。出演は岡崎体育、SiM、THE BAWDIES、そしてチュートリアル・徳井がプライベートで活動を続けるバンド・鴬谷フィルハーモニー。開場から開演までの間は、各出演者が番組に登場した時の回がスクリーンの幕に流された。

MC①

開演時間となり、番組紹介の映像と共にステージに颯爽と登場したMC3人から、今回このイベントが3回目にして初の大阪開催であるという説明があり、ライブはいよいよトップバッターのSiMへ。1曲目「Blah Blah Blah」からMAH(Vo)が「跳べ~!」とフロアを煽る。続く「Boring People, Fucking Grays」と、のっけからヘッドバンキングをする観客が続出。MAHは、この日の出演者の音楽がバラエティに富んでいるいることにかけて「今日は全然違う音楽で、お客さんも全然違うけど、そこに寄せていくつもりはない! でも、置いていくつもりもないから!!」と盛り上げる。「KiLLiNG ME」では観客を一度しゃがませ、そこからジャンプさせるなどフロアを大熱狂の渦に巻き込んだ。

SiM① SiM② SiM③

2番手は岡崎体育。広いステージにマック1台だけが並ぶ。1曲目「Open」のサウンドが鳴り響く中、本人が普段通りの恰好でキレのいい動きを見せながら登場。“普通の楽曲にありがちなパターン”を説明する愉快なナンバー「Explain」を挟み、関西ではライブ初披露となる「MUSIC VIDEO」へ。You Tube再生回数1300万回を超え、彼の存在を一躍有名にしたナンバーだけに、観客も大熱唱。「SiM、バリかっこ良かった! ビックリした!!」なんていう素直なMCも出る中、昔のナンバー「Okazaki hyper gymnastic」も披露。バンドへのアンチテーゼ(!?)「FRIENDS」では、お馴染みの友人であるお人形も現れて、素敵な共演を魅せてくれた。

岡崎体育① 岡崎体育② 岡崎体育③