up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

「あなたの側で、生きてる音楽。」をコンセプトに、スペースシャワーTVがトップミュージシャンと贈るプレミアムライブ番組「SPACE SHOWER TV“LIVE with YOU”」。2012年の放送スタート以来、貴重なライブが繰り広げられてきたこの完全無料招待制の人気プログラムの第18弾は、今年20周年を迎えたくるり。9月1日にバンドが結成された立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」部室で行われた「くるりの部室ライブ」のなかで発表されたこのイベントは、初代ドラマー・森信行を迎えた特別編成での開催。代表曲、ヒット曲、レア曲を織り交ぜたセットリストを含め、まさに一夜限りの貴重なライブとなった。

くるり①

渋谷WWW Xのステージに登場したのは、くるりのオリジナルメンバーである岸田繁(V/G)、佐藤征史(Ba)森信行(Dr)、そして、サポートの野崎泰弘(Key)、山本幹宗(G)。森のシンバルによるカウントから始まったオープニングナンバーは、2000年のヒットチューン「ワンダーフォーゲル」。骨太なバンド・グルーヴとともに「ハローもグッバイもサンキューも言わなくなって」というサビのフレーズが響き、オーディエンスも気持ち良さそうに身体を動かし始める。さらに90年代シューゲイズのテイストを取り入れた「LV30」を披露したあと、最初のMC。

くるり②

約6,100名の応募者のなかから当選した400名のオーディエンスに「くるりです。みなさん、クジというか、抽選に当たったんやんな?大丈夫ですか、1年の運を使い果たして」と挨拶した後、メンバーを紹介。「結成時のメンバーであり、最近なぜか帯同することになりまして」と森が紹介されると、会場からひときわ大きな歓声が上がった。