up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

KDDIとぴあが演奏時のシリアス手掛けるエンタメサイト「uP!!!」が届けるショーケースイベント「uP!!!NEXT BLUE ENCOUNT~HERO NEVER END」が1月14日・豊洲PITにて開催された。

ライブ当日の3日前にニューアルバム『THE END』をリリースしたばかりのBLUE ENCOUNT(以下、ブルエン)。招待制のライブの依頼を受けて、自ら初のアコースティックライブと、おなじみのバンドセットの二部構成を提案したというのだから、ファンの期待も否応無しに上昇するというものだ。しかも椅子席の「静寂の椅子エン」は会場の豊洲PITにとっても初の試みで、かつセンターステージという、全てがレアな構成だったのだ。

0113DS3_3850

第一部の「静寂の椅子エン」では田邊駿一(Vo.Gt)もMCで話していたが、ファンがTシャツ&ハーフパンツではなく冬の普段着で着席しているという状況自体も珍しく、いい意味で緊張感が漂う。しかもジャジーなBGMが流れる中、あまりにも近いセンターステージにざわめきが止まらない。そんな中、暗転と同時にフロアを駆け巡るスポットライトが照準を合わせたのは会場扉。なんとメンバー各々個別に”プロレス入場“を敢行し。ステージに上がると「武道館でプロレス入場できなかったんで」と念願が叶って満足げだ。初の着席ライブということでお互いに緊張感があるせいか普段以上にトークが長い上に4人のやりとりもラフだ。江口雄也(Gt)はもちろん、ベースの辻村勇太もアコギを持ち、高村佳秀(Dr)はカホンという編成。田邊はハンドマイクだ。そこで1曲目に鳴らされたのは「SMILE」。アコースティック編成でさらにメロディの良さが際立つ。そして360°に歌い掛けるように機材の間を縫うように歩き回る田邊のマインドは当たり前だがバンドセットと同様のものを感じた。

0007DS3_3708
0020DS2_9514
0024DS2_9534
0017DS2_9506