メニューを開く

up!!!

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

※iOS10.0以降およびAndroid5.0以降対象

渡辺:本間さんが音楽について深く詳しいというのは言うまでもないですけど、わたしと好きなものが同じというのは本当にうれしくて。本間さんは、「サウンド・オブ・ミュージック」が好き過ぎて、舞台になったオーストリアのザルツブルグに出かけたっていう(笑)。わたしも番組の企画で行ったことがあるんですけど、でもあの映画が好きだからって、わざわざそのロケ地に行った人に初めて会いました。「お主、ただ者ではないな!」という感じですよね(笑)。

渡辺美里×本間昭光①

——(笑)。そうした本間さんに対する信頼感はあっても、今回のオファーについては、やはりいろいろな要素を考えられたんじゃないですか。

渡辺:いや、本間さんがプロデューサーとして新しいことをはじめられるということで、とにかく面白そう!ぜひ、ぜひ参加したい!と思ったんです。
「何を歌ってください」と言われたわけではないんですけど……。

本間:何も決まってないよね(笑)。ただ、この企画が各方面に伝わるに従って、いろんな人からアイデアを出されるんですよ。「こんなの、どう?」「こういうの、やれば?」って(笑)。

本間昭光④

——お二人の組み合わせを聞いて、ワクワクしている人が業界関係者にも多いということですよね?

本間:そういうことなんですかね(笑)。

渡辺:そう思っていただけると、うれしいですね。わたしも、そうですから。会場がCotton Clubということで、私が過去にやらせていただいていた野外の会場とは全く違うし、その空間にあうもの、その額縁に似合うものがきっとあるはずだと思いますし、なにより本間さんとの初めてのライブ、叶えてみたい音楽の夢とワクワク感でいっぱいです。

渡辺美里②

メニュー閉じる