up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

  • ぴあ presents STAND ALONE Vol.5 supported by uP!!!
    SOLD OUT!!
    uP!!!をご覧のauスマートパス会員様を抽選でご招待!!
    詳しくはこちら(※受付は終了しました)

今回、初の2日間開催となる弾き語りイベント「STAND ALONE」。その初日の舞台に立つのは、現在ソロとして活動する藤巻亮太と、フジファブリック・山内総一郎のふたり。藤巻のレミオロメンもフジファブリックもデビュー時期が近く、同じくロックシーンで活動をしながらも実は共演が少なく、しかし互いに意識はしていたバンド同士でもあったという。それぞれに自分のキャリアを積み重ねてきたからこその、打ち解けた空気があり、当日のふたりの真剣勝負がとても楽しみだ。

──今回の共演は、藤巻さんが山内さんを指名したそうですね。

山内総一郎(以下、山内):嬉しいですね、光栄です。

藤巻亮太(以下、藤巻):きっかけとしては、2015年の浜崎貴司さんのGACHIという弾き語りイベントで共演をして。その時に、声をかけてくださったんですよね。ちゃんと話したのは、それが初めてに近かったんです。

山内:打ち上げで、話したんですよね。

藤巻:レミオロメンで昔、対バンしたことはあったんですけど、わりといい大人になって再会をしてという感じで。今回、STAND ALONEのお話をいただいて、あの時、素晴らしかったので、また一緒にできたらなと思って声をかけさせていただいたんです。ほんと、ギターがものすごくうまくて(笑)。

山内:いやいやいや、それほどでも(笑)。

藤巻亮太×山内総一郎①

──藤巻さんは、弾き語りをするようになったのは、ソロでの活動をはじめてからだそうですが、何かきっかけがあったんですか。

藤巻:僕はそうでしたね。ソロになると、ミュージシャンを集めるのがめちゃくちゃ大変で。

山内:そうだろうなと思いますね。

藤巻:バンド編成でライブをしようと思ったら、リハーサルでも本番でも、みんなのスケジュールを合わせるのが大変で(笑)。それなら、バンド編成ばかりじゃなくて、アコースティック形態でライブをやるのはどうかとか、そこから徐々にメンバーを減らして、弾き語りもするようにもなったんですよね。最初は、修行みたいな感じだったんですけどね。

藤巻亮太①

──今は弾き語りでのツアーも行っていますね。山内さんは、弾き語りをするきっかけはありましたか。

山内:自分がフジファブリックで歌いはじめて、2013年くらいに誘っていただいたイベントが最初ですね。新宿ロフトで、堕落モーションFOLK2(安倍コウセイ、伊東真一)と、サンボマスターの山さん(山口隆)もいて。そこからは、先ほどの浜崎さんに呼んでいただいたり、フェスのクロージングアクトをやらせてもらったり。みんなが、帰っていくところを演奏するんですけど、立ち止まって見てくれたらいいなと思いながら、やっていて(笑)。そういうので少しずつ、やるようになっていたんですよね。