メニューを開く

up!!!

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

※iOS10.0以降およびAndroid5.0以降対象

──山内さんは、もともとギタリストでもありましたが、何かエフェクター使ったりというのは。

山内:僕は何もやってないです(笑)。まだそこまで気が回らないというか、弾いて歌うのが精一杯なところもあるんですけど。普段、バンドでエフェクティヴなことや、飛び道具的なこともやったりするので。弾き語りの時は、シンプルにやってみてはどうかなというのもありますね。でも、アレンジで言えば、自分たちのバンドの曲をやったりするので、いつもと違うアレンジにすることもありますね。それをバンドに持って帰って、ツアーとかでバンドのアレンジにしちゃうこともあります。

藤巻:発見があるよね。僕は、弾き語りをはじめたタイミングがちょうどソロになった時だったので、ソロの曲しかやらない!っていうところからはじまっていて。でもある時、レミオロメンの曲もやってみようと思って。それは、すごく大きかったんですよね。弾き語りイコール、昔の曲を歌い直すものにもなって。ああ、こんなこと歌ってたんだとか、こういうメロディだったのかとか。自分のなかで閉じていた扉が開いて、いろんな時間軸が開通したというか。全部自分の人生じゃないか、って思えて。救われていった時期はありました。ソロだからソロの曲しかやれないわけではなくて、もっと楽しく、やりたいものを自由にやっていこうって思えたので。弾き語りは大きかったんですよね。

藤巻亮太②

山内:その場の思いつきでも、できたりしますしね。メンバーに、この曲って参考資料渡さなくても、これやろうってフットワーク軽くできるのは、弾き語りのよさですね。

──カバー曲などもありますか?

山内:ありますね。前にやったものだと、SMAPの「ダイナマイト」とか。

藤巻:ポップだね(笑)。

山内:あとは例えばフェスだったら、フェスに出演している人に、「やっていいですか?」って聞いて、やったりもしますね。斉藤和義さんがいたら、「なんかやるかもしれないです」って言っておいたり。浜崎さんからは「aiko歌ってよ」ってリクエストされたり(笑)。最近は、女性の曲が好きですね、UAさんとか。

山内総一郎①

メニュー閉じる