up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

  • ぴあ presents STAND ALONE Vol.6 supported by uP!!!
    ■チケット発売中!詳細はこちら
    また、uP!!!をご覧のauスマートパス会員様を抽選でご招待!!
    詳しくはこちら(※受付は終了しました)

初の2日間開催となる「STAND ALONE」。2日目に出演するのは、THE BACK HORN・山田将司とNothing’s Carved In Stone・村松拓のふたり。ともにバンドでは、濃密な世界へと先導し、また力強いアンセムを指揮していく役割を担う、強固な個性を持ったフロントマンでもある。これまでも何度か弾き語りのイベントに一緒に出演しているという両者だが、よりパーソナルで、歌い手としての幅広い魅力を今回のステージで見せてくれそうだ。

──おふたりは、知り合ってどのくらいになりますか。

村松拓:8年ですかね。Nothing’s Carved In Stoneの1stアルバム『PARALLEL LIVES』が出てすぐくらいのイベントで、たしか金沢でTHE BACK HORNに出てもらったんですよね。それで打ち上げまで、可愛がってもらった感じです。

村松拓①

──そこからはお互いのツアーにも呼んだりフェスやイベントでも、一緒になる機会は多いですね。今回のSTAND ALONEの共演の話は、どんな形ではじまったのですか。

村松:俺は面白くて、最初に担当の方からうちのマネージャーにメールがきたんです。村松さんぜひやってくださいという感じだったんですけど、相手がTHE BACK HORNの菅波栄純さん、って書いてあったんですよ(笑)。本当に?って思ったんですけど。
山田将司:まあ、面白いかもしれないけどね(笑)。
村松:栄純さん振り切ってるから、そういう活動もあるんだなと思いつつ、もうその時点でもやりますよと言っていたんです。で、しばらくしたら連絡がきて、“間違ってました、山田将司さんです”って。だよね、っていう。
山田:そんな経緯があったんだ。
村松:そうなんですよ。きっと、最後にふたりでセッションをしようみたいな話になるだろうなと思っていたので、栄純さんがギターを弾いて、僕が歌えばいいと思っていたんですよ。

──そこまで考えていただいていて(笑)。

山田:俺は、拓と一緒に弾き語りのライブがありますけど、という感じだったので。ぜひ、ぜひっていう。前にも、一緒にやったことがあったしね。ただ、ふたりでというのは初めてだよね。 村松:そうですね。
山田:こうしてガチでやるのは、楽しみですね。

山田将司①

──ではお互い、どういうスタイルで弾き語りのライブをしているのかは、だいたいわかっているんですね。

山田:いやいや、それは(笑)。拓は、何をしでかすかわからないので。
村松:そんなことないですよ!