up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

  • 私立恵比寿中学 VS BiSH「TOKUFUKU LIVE Connect! Vol.2」
    uP!!!をご覧のauスマートパス会員様を抽選でご招待!!
    詳しくはこちら(※ご招待受付は終了しました)

 10月13日、新木場スタジオコーストで「TOKUFUKU LIVE Connect! Vol.2」が開催される。これまでに「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE」に出演したアーティストと、これから番組やイベントでご一緒したいアーティストとを“Connect=つなぐ”趣旨のこのイベント。今回の出演は、私立恵比寿中学とBiSH。エビ中は歌って踊る正統派の“ザ・アイドル”であり、BiSHは別名“楽器を持たないパンクバンド”というアイドルシーンでは異端児的存在という、キャラクターのちがいが明快なグループ同士の共演となる。こうしたツーマンでは初顔合わせだが、話してみれば、じつは以前からお互いにファンだったということが判明。イベント当日は、両者の化学反応で予想外の展開となりそうな予感だ。

──今回が初の対バンとなりますが、お互いどんな印象を持っていますか。

安本:BiSHさんの歌がすごく好きなんです。「プロミスザスター」とかよく聴いていて。かっこいいイメージ。

エビ中・安本①

星名:3人でカラオケに行って歌ったんですよ。

BiSH:ええー! 嬉しい。

BiSH①

安本:個人的に、ずっと聴かせてもらっていたんです。とにかく、曲が好きで。歌詞が響くというか。同年代の子が共感できる歌がたくさんあって。学校でも、聴いている子がたくさんいるんです。

チッチ:嬉しいです。わたしたちもエビ中さんの話をよくしているんですよ。

モモコ:じつはBiSHのファンには、エビ中が好きという方が多いんです。

チッチ:「スーパーヒーロー」とか大好きですね。なんていうか、スーパーアイドルっていう感じで。

モモコ:人数多いけど、みんな仲良さそうだしね。

BiSH・モモコ