up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

 これまでに「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE」に出演したアーティストと、これから「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」の番組やイベントに出演してもらいたいアーティストとを“つなぐ”ライブイベントとしてスタートした「TOKUFUKU LIVE Connect!」。その第2回目が、10月13日に新木場STUDIO COASTで開催された。今回の出演は、私立恵比寿中学とBiSH。スペースシャワーTVの企画担当者が、“今年いちばんのアイドル対決にしたい”と組んだツーマンであり、チケットの応募総数は2万通を超え、瞬く間にソールドアウトとなった。満員のSTUDIO COASTは開演前から凄まじい熱気で、それぞれが番組出演した際の映像がスクリーンに流れると、大きな歓声が上がっていた。そんななか、番組MCの菅沼ゆりがステージに登場。「今日のエビ中とBiSHは、例えるなら白と黒、太陽と月のような正反対の2組ですが、わたしも大ファンですごく楽しみ。外は雨で寒いけど、いちばん熱い夜にしたい」と語り、景気付けにコール&レスポンスで盛り上げると、最初のアーティストBiSHを紹介した。

 アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dがステージに登場すると、興奮と歓声とでフロアが大きく波打つ。1曲目の「プロミスザスター」からファン=清掃員は抜群の一体感で、それぞれのソロパート前に大きな声でメンバーの名前を叫び、盛り上げていく。事前のインタビューで、エビ中とは対照的なグループのように見えるけれど、じつはエビ中もBiSHも好きだというファンが多いと語っていた。コブシとともにエビ中のファンのサイリウムが上がり、サウンドをかき消さんばかりのコールが起こる会場は、まさにそのことを証明するもの。「is this call?」、そしてアイナのハスキーなヴォーカルが冴えるオルタナチューン「スパーク」へとつなぎ、メンバーが二手に分かれるはないちもんめのような振りでは、フロアの各所でも同じように二手に分かれて楽しみ、ハイパーなパンクチューン「GiANT KiLLERS」ではサークルができ、シンガロングの声が大きく響きわたる。猛烈な熱気とアグレッシヴに気持ちをぶつけるフロアの様子は、ロックバンドやラウド系バンドのライブのようでもあり、またBiSHはその大きなうねりを掴んで振り回す力強いパフォーマンスをする。メジャーデビューから約1年半。ツアー本数やステージ規模を大きくしながら、心身ともに音楽に向き合って格闘している真摯さが、6人を強くしているのが伝わってくる。

BiSH① BiSH② BiSH③ BiSH④ BiSH⑤ BiSH⑥

 後半には「今日は、エビ中さんとの待望のツーマンということで、エビ中さんの曲をカバーさせていただきます」(チッチ)と、「フユコイ」をカバー。もともと「フユコイ」はBiSHを手がける松隈ケンタが編曲をした曲でもあり、BiSHとの親和性も抜群な、激エモなカバーに仕上がった。こうしてフロア全体を掌握したところで、「BiSH-星が瞬く夜に-」で会場を揺らすようなヘッドバングを生む、壮大なシーンを作り出して、エビ中のステージへとつないでいった。

BiSH⑦ BiSH⑧ BiSH⑨