up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

 音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と、ぴあ&KDDI(au)が手がける直感エンタメサイト「uP!!!」が主催するライブイベント「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」。札幌、福岡、名古屋、岡山、東京、大阪、仙台、香川、東京での特別編2日間、そして新潟の地を経て、12月7日(木)に広島CLUB QUATTROにて第12回目が開催された。今回はTHE BAWDIESとsumikaが出演。なお、この2組によるツーマンライブはこの日が初めてとなる。
開場して開演まではスクリーンで、THE BAWDIESのROY(Vo&B)とsumikaの片岡 健太(Vo&Gt)が出演した音楽情報バラエティー番組「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」が上映される。また、番組MCのチュートリアルと菅沼ゆりから観客へのメッセージも紹介された。

虹色の様なカラフルなライトに照らされ、メンバー全員笑顔で登場したのは先攻のsumika。1曲目は、ハミングの様なポップなシャウトから始まるのが特徴的な「Answer」。2分半というショートナンバーだが、一瞬で会場をポップな空気に包みこむ。とにかくメンバーが明るく楽しそうなので、どんどん観客も、その空気に巻き込まれていく。今のsumikaの人気状況や順調さが手に取る様にわかる。
当たり前だが、ただ彼らは楽しいだけのバンドではない。MCで片岡は、「僕らは弱小バンドですが、心から尊敬できない人とは知名度が上の人であろうと、それからいっぱいお金をもらっても対バンしないというルールがあります。今日は尊敬と愛情を持ってやっていきます!」と力強く語った。男気、心意気を強く感じた言葉であり、何よりもTHE BAWDIESへの敬意を表している。そんな熱いMCから語りかけるような歌い方で「ソーダ」へ。より歌に魂がのった瞬間であった。

sumika① sumika② sumika⑤ sumika④ sumika③

楽曲の幅の広さを感じさせ、ムーディーな一面にドキドキしてしまう「Summer Vacation」の後、またもや片岡が語り出す。約8年前くらいにインディーズ時代のTHE BAWDIESを知った時の衝撃…、そして、ようやく対バンできるという喜びを時間をかけて明かす。THE BAWDIESも主催のスペシャも常に変わり続けるかっこよさが変わらないという点にも触れ、自分も音楽を本気でやりだした18歳の時から気持ちが変わらない事を伝えて、ラストナンバー『「伝言歌」』へ。伝えたい気持ちを浴びまくった観客からは終了後も拍手が鳴りやまず、片岡は「これが全てです。何も間違えてなかったと思います。この後、しっかりとTHE BAWDIESを観てください。それだけは伝えたい」と伝えて、舞台を去った。

sumika⑥ sumika⑦ sumika⑧ sumika⑨