メニューを開く

up!!!

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

  • 【招待・第2弾】uP!!! SPECIAL LIVE HOLIC suppported by SPACE SHOWER TV(2月公演)
    詳細はこちら

 音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と、ぴあ&KDDI(au)が手がける直感エンタメサイト「uP!!!」が主催するライブイベント「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」。初顔合わせとなる先輩バンドと後輩バンドの2組が火花を散らす、このイベント。2014年7月の札幌を皮切りに、福岡、名古屋、岡山、東京、大阪、仙台、香川、東京での特別編2日間、新潟、広島の地を経て、4年目となる2018年を迎えた。今年は幕開けとして1月と2月に渡り、高松、福岡、大阪、岡山と全国4ヶ所で開催。過去に後輩として出演したバンドであるKEYTALK、androp、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNTが、今度は先輩バンドとして登場する。

 2018年第1発目【LIVE HOLIC vol.13】は、高松festhalleでKEYTALKとSHE’Sが初顔合わせのツーマンを。開場して開演まではスクリーンで、過去に両バンドが出演した音楽情報バラエティー番組「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」が上映された。

 先攻はSHE’S。1曲目「Un-science」から、井上竜馬(Vo,Key)が鍵盤を奏でながら、両手を大きく使い観客を煽っていく。登場SEから観客によるハンドクラップが起きていた程、会場は温まっていたので、続く「Freedom」の様な疾走感ある楽曲では、より観客は盛り上がる。

 「香川は2年ぶり3回目…、甲子園的に言うと!」など井上は関西出身らしく、MCでも流暢に観客に話し掛けていく。その流れで昨年12月にリリースされたアルバム収録の「White」の様なしっとりしたナンバーを聴くと余計に沁みる。結婚式をテーマにしたという説明もされた上で聴くと、リアリティーも増す。マイクを持ってセンターに出た井上は、ファルセットも効かした歌声で観客を魅了していく。

SHE’S① SHE’S② SHE’S③ SHE’S④ SHE’S⑤

 赤い照明がドラマチックだった「Flare」や白いスモークが神秘的だった「Ghost」などを経て、井上が語り出す。「このまま後輩で終わるつもりはなくて、先輩として『LIVE HOLIC』に帰ってきます。変化を恐れず、どんどん変化して進んでいきます!」。そして「Change」が披露されたが、このMCから力強さを感じた。思えば、1年3ヶ月前はKEYTALKも同地で後輩として出演していた訳で、次の高松に彼らが先輩として出演したら、こんなに格好いい事は無いだろう。

 終盤は、観客が自然に『もっと遠くまで~』と間奏で歌い出した「遠くまで」から、井上が鍵盤ではなくギターを演奏した「Curtain Call」と続いた。「全員に歌います! 照明さん、すみません、みんなの顔が見えるようにして下さい!」と井上が訴えかける様に歌っていく。真っ直ぐぶつかっていく心意気は、確実に観客に伝わったと想う。

SHE’S⑥ SHE’S⑦ SHE’S⑧ SHE’S⑨ SHE’S⑩

メニュー閉じる