メニューを開く

up!!!

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

  • 【招待・第2弾】uP!!! SPECIAL LIVE HOLIC suppported by SPACE SHOWER TV(2月公演)
    詳細はこちら

 音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と、ぴあ&KDDI(au)が手がける直感エンタメサイト「uP!!!」が主催するライブイベント「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」。初顔合わせとなる先輩バンドと後輩バンドの2組が火花を散らす、このイベント。2014年7月の札幌を皮切りに、福岡、名古屋、岡山、東京、大阪、仙台、香川、東京での特別編2日間、新潟、広島の地を経て、4年目となる2018年を迎えた。今年は幕開けとして1月と2月に渡り、高松、福岡、大阪、岡山と全国4ヶ所で開催。過去に後輩として出演したバンドであるKEYTALK、androp、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNTが、今度は先輩バンドとして登場する。

 2018年第2発目【LIVE HOLIC vol.14】は、福岡DRUM LOGOSでandropと雨のパレードが初顔合わせのツーマンを。開場して開演まではスクリーンで、過去に、それぞれのバンドが出演した音楽情報バラエティー番組「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」が上映された。

 先攻は雨のパレード。静寂の中、大澤実音穂(Dr)がドラムパッドを叩き、山崎康介(Gt)がシンセサイザーを弾いていく。4人編成のバンドではあるが、既存のバンドスタイルには捉われないなと思いつつ、1曲目「Change your mind」を聴いていたら、福永浩平(Vo)が「自由に!」と叫んだ。福永自身がハンドマイクで気持ち良さそうに体を揺らしながら歌っていて、自由だなと眺めていただけに、まさしくと思う。その上で「Change your mind」、つまり、あなたの心を変えようとしている訳で、何とも大胆不敵だなと初っ端から期待が膨らむ。

雨のパレード① 雨のパレード⑧ 雨のパレード③ 雨のパレード④ 雨のパレード⑩

 2曲目「Tokyo」。時に福永がシンセサイザーを触りながら歌い、ムーディーでもあるが、歌詞を聴くと東京の街で虚無感に襲われながら生きる若者の姿がリアルに描かれている。洒落たサウンドにより、ウェットさを感じさせないが、音楽への誠実さを感じるナンバー。福永の「『LIVE HOLIC』は、先輩と後輩がバーサスする。そして、我々が戦うのはandrop。我々の地元九州で、高校時代に聴いていたバンドと出来るのは嬉しい」というMCも、更に響く。4月という新しい季節を迎える人々への卒業ソング「MARCH」も披露するが、平熱に見せながら、このバンドが確実に熱いメッセージを持つ事がわかった。

 「What’s your name?」では、「奇跡を起こしてDance Music」と歌詞にもあるように、とにかく自由に踊らせようとする。ビール片手に自由に楽しそうに踊る観客も出てきた中、ラストナンバー「new place」へ。「今日はバーサスという事なんで、勝ちに来た。後輩だけど。次は先輩で出たい」という力強いMCも印象的だったが、曲中もマイクを通さず言葉にならないシャウトを繰り返す。観客全員も手をあがる中、どんどんサウンドは激しくノイジーになっていく。最初、冷静な感を受けただけに、最後、情熱で持っていく様は誠に恰好が良かった。

雨のパレード⑦ 雨のパレード② 雨のパレード⑨ 雨のパレード⑤

メニュー閉じる