up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と、ぴあ&KDDI(au)が手がける直感エンタメサイト「uP!!!」が主催するライブイベント「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」。初顔合わせとなる先輩バンドと後輩バンドの2組が火花を散らす、このイベント。2014年7月の札幌を皮切りに、福岡、名古屋、岡山、東京、大阪、仙台、香川、東京での特別編2日間、新潟、広島の地を経て、4年目となる2018年を迎えた。今年は幕開けとして1月と2月に渡り、高松、福岡、大阪、岡山と全国4ヶ所で開催。過去に後輩として出演したバンドであるKEYTALK、androp、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNTが、今度は先輩バンドとして登場する。

 2018年第3発目となる【LIVE HOLIC vol.15】は、04 Limited Sazabysとサイダーガールが初顔合わせのツーマンを。開場後はスクリーンで、過去に、それぞれのバンドが出演した音楽情報バラエティー番組『チュートリアルの徳ダネ福キタル♪』が上映された。また、開演直前に影アナによるスタッフの前説で、サイダーガールが04 Limited Sazabysを高校時代によく聴いていたエピソードも明かされた。イベントコンセプトに沿った丁寧な説明で思わず感心する。

 先攻はサイダーガール。先日放送された「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」に、バンドのマスコットキャラクター“サイダガちゃん”の特製お面で出演した3人。この日も特別に、その姿で現れた。演奏前から、観客が前方に押し寄せている事が2階席から見える。それだけに1曲目「エバーグリーン」が始まった瞬間に改めて観客が前方に押し寄せた状況は、勢い溢れる凄くエキサイトした瞬間であった。ギターリフからして疾走感しかない4曲目「スワロウ」など、序盤は一気に駆け抜ける。

サイダーガール① サイダーガール② サイダーガール③ サイダーガール④ サイダーガール⑤

 Yurin(Vo.Gt)がMCで『LIVE HOLIC』の説明、そして先月からの4本のツアー説明を、まるでスペシャの人かと思うくらいに丁寧に観客に話し掛ける。その上で「フォーリミの後輩というか、子分になりたい!」などと謙虚ジョークを飛ばしたところで、「なまけもの」へ。個人的には、この日のサイダーガールにおけるハイライトであった。序盤、勢いでぶっ飛ばしてきた彼らが気だるさを感じさせるミドルテンポで、「あーあ 何にもやりたくないわ」とくだらない毎日について歌う。それを観客がハンドクラップをしながら口ずさむ。高揚感の共有も大切だが、虚無感の共有はもっと大切である。日常生活なんてやるせない事ばかりで、そんな気持ちを抱えた観客たちにとっては、よりリアルに感じた歌であったと想う。

 Yurinは改めて自分の口から高校時代に04 Limited Sazabysに出逢った事、そして初めて聴いた楽曲が「buster call」だと明かす。だからこそ、同じステージに立っている喜びを本気で噛みしめている事も伝わってくる。終盤は、来月リリースのニューシングル「パレット」から、Yurinがハンドマイクでギターを下ろして自由に歌う「メランコリー」と、より加速した勢いを感じた「オーバードライブ」の3連発で〆られた。

サイダーガール⑥ サイダーガール⑦ サイダーガール⑧ サイダーガール⑨