up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

岡崎体育とw-inds.が競演する、スペースシャワーTV主催のライブイベント「TOKUFUKU LIVE Connect! Vol.3」が6月21日にZepp Tokyoで開催された。

この「TOKUFUKU LIVE Connect!」は、スペースシャワーTVで放送中のレギュラー番組『チュートリアルの徳ダネ福キタル♪』にこれまで出演したアーティストと、これからもっと同番組やイベントで共演したいアーティストをつなぐ企画。第3弾となる今回のカード「岡崎体育 VS w-inds.」は異色の競演とあって開催前から話題を呼んでいた。期待渦巻く会場に、まずMCの菅沼ゆりが登場してイベント趣旨を説明。岡崎とw-inds.両者の共通点として、楽曲をセルフプロデュースしていること、ダンスを得意としていることと話し、1番手の岡崎体育を呼び込んだ。

_DSC5581

オープニングからボルテージ全開で表れた岡崎は、ヘヴィなビートの「Stamp」「R.S.P」でさっそくフロア全員をジャンプさせ、熱狂を生み出す。「大丈夫? w-inds.ファンの皆さん。変なの出てきてごめんね」と気遣いながらも、軽妙なトークで初見のオーディエンスを惹き付け、パフォーマンスの場面でも岡崎独自のライブスタイルで笑いを振りまいていく。

例えばペンギンのパペット・てっくんを操りながら披露した「FRIENDS」は、フックラインの「バンドざまあみろ」に「w-inds.ざまあみろ」も加えたスペシャルバージョン。口パク暴露演出が見どころの「Explain」や、ラブバラードを歌い上げている最中に心の声のツッコミアナウンスが入ってくる「Voice Of Heart2」など、曲中にブラックユーモアや斬新な裏切りを盛り込むのが岡崎体育の必殺技だ。それに対し、w-inds.ファンは爆笑で返し、「w-inds.のファン最高やな」と岡崎。MCでは、w-inds.の橘慶太と夜な夜なプレイステーション4のサッカーゲームで遊ぶ、真の“FRIENDS”であることを明かした。

_DSC6217 _DSC5403 _DSC5363