up!!!

メニューを開く

Google Playで「uP!!!」アプリをダウンロード

 
※iOS6以降およびAndroid4以降対象。

音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と、ぴあ&KDDI(au)が手がける直感エンタメサイト「uP!!!」が主催するライブイベント「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」。初顔合わせの先輩バンドと後輩バンドが本気でぶつかり合うこのイベントは2014年7月の札幌でスタートし、今年で4年目。2018年1月の高松festhalle(KEYTALK×SHE’S)、福岡DRUM LOGOS(androp×雨のパレード)、2月の大阪なんばHatch(04 Limited Sazabys×サイダーガール)、岡山CRAZYMAMA KINGDOM(BLUE ENCOUNT×yonige)、さらに東京・新木場Stduio Coastで開催された「LIVE HOLIC extra vol.2」(雨のパレード、サイダーガール、SHE‘S、yonige、SUPER BEAVER、Nothing’s Carved In Stone、UNISON SQUARE GAREDEN)を経て開催された「LIVE HOLIC vol.18」は、郡山Hip Shot JapanでのTHE BACK HORNとフレデリックの対バン。開演前にはスクリーンで両バンドのボーカリスト、山田将司(THE BACK HORN)、三原健司(フレデリック)が出演した音楽情報バラエティー番組『チュートリアルの徳ダネ福キタル♪』が上映された。

最初に登場したのはフレデリック。「フレデリック、はじめます」という合図とともに「オンリーワンダー」が放たれた瞬間、観客が一斉に手を上げ、楽しそうに踊り始める。ダンサブルなビート、キャッチ―なギターフレーズ、中毒性のあるメロディが鳴り響き、フロアのテンションは一瞬にして最高潮に。徐々に上げていくのではく、一気にピークにまで持っていくステージングに圧倒される。「先輩・THE BACK HORN、後輩・フレデリック、ガチンコの2マンです! 音楽的にムチャクチャにして、先輩をやりづらくするぞ!」(健司)というMCを挟んで「ナイトステップ」「パラレルロール」など濃密なファンクネスを感じさせるナンバーを披露。豊かなグルーヴとエモーショナルなボーカルからは、バンドの音楽的な成長がダイレクトに伝わってきた。

_AZA5472_M _AZG5504_M _AZC0283_M _AZA5528_M

「“一緒に最高の空間を作ろう、みんなで楽しもう”というのが自分たちの世代。でも、20周年を迎える先輩は“俺たちがいちばん。俺たちについて来い”という本当のヒーローだと思う。そういうバンドとツーマンをやるには、俺たちがハンパないヒーローになるしかない」(健司)という決意表明、そして、新作EP「飄々とエモーション」の表題曲からライブは後半へ。「リリリピート」「TOGENKYO」というライブアンセムを次々と放ち、まさに”ハンパない”熱狂を生み出す。ラストは代表曲「オドループ」。フレデリックというバンドの個性を強くアピールすると同時に、THE BACK HORNへの挑戦状を叩きつける圧巻のアクトだった。

_AZC0486_M _AZA5733_M _AZA5858_M _AZG5861_M