メニューを開く

up!!!

4番手はKEYTALK。登場して初っぱなから、巨匠こと寺中友将(Vo.Gt)が「平成最後のライブです! 駆け抜けるという意味で、MC無しで最後までガンガンやっていきます!」と切り出す。楽しいはっちゃけたMCのイメージもあるだけに、今日のライブにかける強い想いがひしひしと伝わってくる。1曲目『sympathy』から寺中と首藤義勝(Vo.Ba)のタイプが違う声が気持ちよく合わさり、ワクワクした気持ちにしてくれる。『OSAKA SUNTAN』と『東京シネマ』という並びにニヤリとしつつ、特に『東京シネマ』の伸びやかで広がっていくサウンドがたまらない。ラストは「踊れ!」と叫ばれてからの『MONSTER DANCE』。有言実行でMC一切無いノンストップスタイルであった。




5番手は、この日の出演バンドで最年長のストレイテナー。ホリエアツシ(Vo.Gt.P)が「勇気ある人に贈る曲」と伝えてから、1曲目『Braver』へ。ホリエが観客たちに手拍子を促し、そして、鍵盤で美しいメロディーを奏でる。ナカヤマシンペイのドラム、日向秀和のベース、大山純のギターも重なり、徐々に豪快にダイナミックにメロディーが暴れていく感じが、観ていて聴いていて、たまらなく痺れた。ホリエがMCで「余裕があるとか、大人の貫禄があるとか言われるけど全然余裕はなくて、表現できる事を全部伝えるだけ」と誠実に明かしたのも素敵だった。最後、メンバー全員肩を組み、横一列に頭を下げる姿は、やりきった男たちの生きざまそのもので最高だった。





トリはSUPER BEAVER。渋谷龍太(Vo.)がタオルを掲げて現れる。曲に入る前に「ポップミュージック」という言葉を渋谷が口にしたが、その通りの多幸感溢れる音楽を真っ直ぐに届けてくれたライブ。「あなたのお手を拝借!」と伝えてからの1曲目『美しい日』では、その言葉通り、手拍子が鳴り止まない。曲中もずっと訴えかける様に喋り続ける渋谷。MCでも「俺たちがトリのバンドだ! 純粋に気持ちいいです!」と渋谷は素直に明かす。軽快なビートが気持ちよく、フロアがダンスホールに変わった『irony』。ラストナンバー『予感』では、“楽しい予感のする方へ”と観客たちは最後まで楽しそうに歌っていた。終始幸せな空気に包まれたまま、『LIVE HOLIC extra vol.3』最終日は幕を閉じた。


この日の模様は5月にスペースシャワーTVで放送されるのでお見逃しないよう。




Text:鈴木淳史

Photo:渡邉一生、AZUSA TAKADA

オンエア情報

スペースシャワーTV

uP!!! SPECIAL LIVE HOLIC extra vol.3 DAY1/DAY2/DAY3
初回放送:DAY1:5/10(金)22:00~23:30/DAY2:5/17(金)22:00~23:30/DAY3:5/24(金)22:00~23:30
  • 1
  • 2
メニュー閉じる