メニューを開く

up!!!

Masato(coldrain)×清水エイスケ(Age Factory)

スペースシャワーTVとuP!!!が主催するライブイベント「uP!!! SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」が23回目の開催を迎える。今回ガチンコのツーマンを繰り広げるのは、重厚さと繊細さをあわせ持ったインパクトのあるサウンドと存在感のある佇まいで、日本のみならず海外のラウドシーンでも激音を響かせるcoldrainと、若手バンドの急先鋒にして“ロック”や“パンク”の持つ本質的な自由さを高い温度で形にするAge Factoryの2組。このライブが、初の対バンとなる。ライブを前にしたこのインタビューでは、両バンドのフロントマンを招集し、それぞれのライブへの思いや互いの印象を語ってもらった。

ライブを見たときに、いちばん悔しくなるタイプだろうなというのがありますね。(Masato)


──今回の「LIVE HOLIC」が初の対バンだということですが、まず対バン相手を知ったときはどうでしたか?


Masato:まあ、いつかは対バンするんだろうなとは思っていましたね。それが思ったよりも早くできるなというか、しかもいきなりツーマンというのもなかなかないことなので、楽しみです。


清水:僕は今回のお誘いがきたときは、びっくりしましたね。coldrainとツーマンなのか!?っていうか。びっくりしましたし、嬉しかったです。


──coldrainについては、どんな印象を持っていますか。


清水:ティラノサウルスみたいなイメージです。でかい怪獣みたいなイメージ。


Masato:はははは(笑)。


清水:前にスペースシャワーで、coldrainとSiMがPay money To my Painの曲をカバーしているのがあって。それを、個人的に何回も見ていたんですよね。そうやってずっと見てきたデカいバンドのひとつが、coldrainっていう感じなので。


Masato:ありがとうございます。


清水:すごく楽しみですね。


──ではMasatoさんが持つAge Factoryの印象というと。


Masato:ライブを見たときに、いちばん悔しくなるタイプだろうなというのがありますね。バンドにはいろいろなタイプがあって。僕らの場合は、音を上乗せしていって、さらに5人で色づけしていくという感じなんですけど。3ピースのバンドって、直球の生感というか。ごまかしがきかないですよね。うちらは、いかにごまかすかだから。


──そうではないと思いますけど(笑)。


Masato:いい意味で、爆音の中でごまかしていくみたいなね(笑)。



──Age Factoryはもともと3ピースという形でやろうと結成したんですか。


清水:そうですね。3ピースがいちばん難しそうで、追求したら無限になんでもできるなっていう気もしていたので。最小の人数やけど、自分たちの努力次第で広げられるのが3ピースかなと思って。それは唯一こだわりというか、ルールみたいな感じです。


──Masatoさんはこれまでに3ピースのバンドをやったことってあるんですか。


Masato:そうですね、過去にギター/ボーカルをやっていて、3ピースだったことがありますね。やりたかった音楽がリフ、ギターのリフがあるバンドがやりたくて。でもピンボーカルだと、結局ギターのリフの間に暇になるじゃないですか。そこで頭を振るだけってなるのが、すげえダサいと思っていて。だったら俺も、ギター弾こうと思って、フー・ファイターズのデイヴ・グロールみたいにできたらいいなって思っていて……そこ、ニルヴァーナじゃねえんだって感じですけど。ああいう勢いでやりたいと思っていたんですよね。


清水:へええ。


Masato:それで3ピースをやっていたんですけど、練習はいいんですけど、緊張すると全然人前でギターが弾けないっていうので、すぐに挫折しました。それも弾けないのがバレないように、もうひとりギターを入れて、「俺は、ギターはお前ひとりでできると思う」って言って、ギターを置くという(笑)。あとは意外とライブをやってみたら、チューニングがめんどくさいっていうことに気づいて。ピンボーカルではリフの間を耐えられなくてギターを持ったのに、ギター/ヴォーカルになったら今度はチューニングの間に耐えられなくて、ギターを置くっていう。


清水:無音だし、無言になりますからね、あの時間って。


Masato:そうそう。



次のページ ≫

新しい感じが芽生えては、それを試行錯誤して、また新しい感じでやっていくっていうことが楽しいですね。(清水)
チケット情報
メニュー閉じる