メニューを開く

up!!!

LIVE HOLIC vol.23

日本最大の音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と、KDDIとぴあが提供するエンタテインメント・サービス「uP!!!」が主催するこれまでにない2マンライヴシリーズ「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC」。その第23回目となる公演が、coldrainとAge Factoryを迎えて静岡県・SOUND SHOWER ark清水にて開催された。

Age Factory

 まずギターのフィードバック一発、「奈良、Age Factoryよろしくね」と手短な挨拶から3人が爆音を重ね合わせたAge Factory。オープニングに鳴らされた『GOLD』には<Wow>のビッグコーラスが叩き込まれているが、もはや歌というよりは、絶叫と絶叫を重ねることで聴く側の絶叫まで引きずり出すようなものとして聴こえてくる。ただ獰猛なだけではない。オーディエンスの声とエモーションを巻き込んで己の歌の力にしていこうとする、異様なスケール感が音とパフォーマンスの両方にある。さらに清水エイスケ(Vo, G)の獣のような叫びから、どシリとしたビートを歌が貫くハードコア『HUNGRY/猿』に雪崩れ込む。突き刺すような目でフロアを睨み、メンバーの音に応え、野太いヴォーカルをグングンと伸ばしていく清水。『WORLD IS MINE』ではさらに3人の怒号による合気道が鋭く飛んでくる。ただ、その音から感じるのは無軌道な怒りや憤怒に任せたものかと言ったらそうではない。「存在の証明。俺たちは正しいという証明、繰り返すだけさ」という言葉の通り、Age Factoryがパンク、オルタナティヴロック、USハードコアを食らい、爆音に託していくのは「攻撃」ではなく、社会の仕組みにも人の渦にも同調圧力にも、なににも属さずひとりの人間として日々を生きていくという意志ひとつだ。だからこそ『see you in my dream』や『million』のように、生活の中にある大事なものと大事な人の存在を温かく包もうとする歌も同時に彼らの歌には表出する。この日特に素晴らしかったのがその『million』で、叫びのような歌を大きな音の壁で守るようなアンサンブルに、ただ獰猛なだけではない彼らの音楽の本質が表れているように感じたのだ。彼らは、愛するものを守るために叫んでいる。

 「俺らが新しい時代に行くための一歩」。

 そう告げてから、新曲『CLOSE EYE』もプレイされた。ヘヴィなリズムがガシガシと曲を引っ張る中で、清水のトーキングブルースがじわじわと血走っていく。「2020年、もう形に意味はなくなり」――そんな言葉が聞こえた。想像力を削ぎ落とされてただの形骸になった人間そのものから離れ、すべてを置き去りにして自分だけの日々を走れ、とアジテートする姿勢がソリッドな1曲に凝縮されていた。『RIVER』では、<孤独であれ 人よ>という言葉が歌われるが、その末尾に清水は「行け!」と叫んだ。清水はMCで「俺らを初めて観る人が多いんやろうけど、関係ない」と語っていたが、自分達はここにいる、お前もそこにいるのだと、生きて生きて生き続ける日々の証明をぶっ刺して行くだけ。文字通りのライヴである。ラストに鳴らされた『TONBO』では、<もう帰ろうよ>という歌がステージ、フロアの両方から響き渡った。自分の日々に帰ろう、大事なもののために闘おう――そんな願いがここにはある。この爆音、ラウドなライヴは、穏やかさを侵す喧騒を叩き潰すための切実な叫びだ。全てが迫真だった。

次のページ ≫

  • 1
  • 2
メニュー閉じる