メニューを開く

up!!!

LIVE HOLIC vol.24

日本最大の音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と、ぴあとKDDI(au)が手がける直感エンタメサイト「uP!!!」が主催するライブイベント【uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC vol.24 supported by SPACE SHOWER TV】が9月22日に横浜ベイホールにて開催された。


 【LIVE HOLIC】とは“今”の日本の音楽シーンになくてはならない圧倒的存在感を誇るアーティストによる2マンイベント。2019年3月にはイベントの5周年を記念し、過去の出演者が幕張メッセイベントホール2DAYS&大阪なんばHatchに集った。


今回の横浜公演には、1993年の活動開始以降、数々の代表作を世に送り出し続けているロックバンドGRAPEVINEと、2012年に神奈川で結成された、今一番注目を集めている新星バンド・マカロニえんぴつの2組が出演。この2マンライブは【LIVE HOLIC】が初であり、より一層注目を集めた公演となった。

マカロニえんぴつ

最初に登場したのはマカロニえんぴつ。まず最初に「愛の手」でボーカル&ギターのはっとりの声が会場に大きく主張していくと、「トリコになれ」「girl my friend」とテンポを速め、メリハリのある楽曲たちが会場のボルテージを上げていく。

MCではっとりは、「私ボーカルはっとり、GRAPEVINEの大ファンでございまして。今回これが実現したときに、スぺシャと今まで癒着してきてよかったなと心から思いました(笑)」とGRAPEVINEへの強い思いとSPACE SHOWER TVへの感謝の思いを打ち明けた。

 そのGRAPEVINEへのリスペクトを表すように、本編の中盤で披露したのはGRAPEVINEの代表曲ともいえる「光について」のカバー。明るく楽しく優しいスタイルを醸し出しながら軽快にライブアクトを続ける彼らが、さらっとカバーも披露してしまう姿を目撃すると、バンドがさらに大きなスケールと厚みを持って成長していくことを期待せずにはいられない。



 本編の終盤ではマカロニえんぴつの最新曲「ヤングアダルト」も披露。Aメロの淡々とした曲調から、大きな包容力を持ったサビへと移っていくこの曲に対するオーディエンスの眼差しは、この曲が彼らにとっての新しいアンセムになることを予感させるものだった。そして、1stフルアルバムのラストに収録されている楽曲「春の嵐」を披露してマカロニえんぴつのライブは終演。国内外の様々なアーティストへのリスペクトを感じさせながらも、マカロニえんぴつ独自のサウンドを見事に奏で切ったステージとなった。


次のページ ≫

  • 1
  • 2
メニュー閉じる