メニューを開く

up!!!

お互いが思っていることが繋がって、良い日になるといいなって。(金井政人)


―最近の活動についてもお伺いできますか。


金井:クラシックの曲をモチーフにロックバンドが遊ぶっていうコンセプトの【Roclassick】という企画をずっとやっているんですが、メジャーレーベルという環境でもやりたくって。、10月にツアーをやります。今年の夏フェスくらいから、どんなライブにしていこうか、どういう風に向かっていこうかっていうことを考えていて。、ツアーには手ぶらでいかないようにしようと思っています。


―もしかしてツアーでは新曲が聴けるということでしょうか!


金井:その予定です。


―緑黄色社会は、先月公開された映画『初恋ロスタイム』で主題歌を担当されました。メンバーが静止するミュージックビデオも話題になりましたね。


金井:今日お会いする前に見てきました。


―いかがでしたか?


金井:僕は間違っているものも好きだし、ロックバンドって欠けている人が集まっていて、補い合ったり過剰になったりしている存在と思っていて。それに、そもそもロックバンドにヴァイオリニストがいること自体、間違っているじゃないですか。間違えると、人って「なんでやねん」って突っ込みますよね。今の世の中って、そういう所にエネルギーがあるよなって思っていて。なので、最近は「わざと間違えよう」と思っています。その方法って何だろうなって。そんなことを考えていた時に、この2マンが決まって。改めて曲を聴かせてもらって、自分と違うところにこういうバンドがいるんだって思いました。なんか、圧倒的に正しいですよね。バンドのたたずまいと、スキルと、みんながやっていることが。すごく純度が高くて美しいなと思いました。


長屋:ありがとうございます。今日は褒めていただいてばかりですごくびっくりしてます(笑)。


―緑黄色社会は、11月にドラマ『G線上のあなたと私』の主題歌「sabotage」のリリースもありますね。


長屋:ドラマの主題歌をやらせていただくのが今回が初めてで。春くらいから、たくさん書いて、夏にやっと完成したので、すごく思い入れのある曲になりました。「幸せ」「想い人」とバラードっぽい曲が続きましたが、今回はすごく突き抜けるような、歌い上げるような曲になったので、新しい一面を見せられるんじゃないかなと思っています。個人的には、サビの感じが歌っていてすごく爽快です。



―それでは最後に、京都での2マンは、どんなライブにしたいですか。


金井:僕らはいつも通りやるだけですが、何かその日に見つけて帰りたいですね。対バンの時って、お客さんだけに向いていなくって。その日、その場所にいる人全員に対して、自分たちが積み重ねてきたことを見てもらいたいし、聴いてもらいたいと思っています。SPACE SHOWERさんも含めて信頼しているチームなので、その人たちが考えてくれた組み合わせの意味を汲み取るのが自分の中の礼儀だとも思っています。


―ワンマンと対バンだと、セットリストにも変化はありますか。


金井:相性もありますからね。その日のことを一生懸命に想像しますけど、もう100曲以上あるので。そこから何を並べるのかっていうのは、毎回バンド内で死ぬほど揉めますね。


長屋:私たちも、揉めますね。喧嘩とまではいかないですけど、みんなちょっと機嫌が悪くなったり…(笑)。このイベントのコンセプトって先輩と後輩だと思うんですが、私は今回すごく実感していて。中学生くらいの時にBIGMAMAさんのアルバム『Roclassick』を姉が聴いていたんです。姉に影響されて、私もずっと聴いていて。ipodに入ってた音楽を演奏されていた方たちと、月日が経ってこうやってご一緒させていただけるんだって思うと、このイベントの意味をすごく実感しました。それに京都に行くのも久しぶりで。バンドを結成したばかりの時に1度だけ行ったんですが、本当にお客さんが少なくて。その時以来なので、やっと行けるのが嬉しいです。あとは、おこがましいと思うんですが、どっちのバンドも「かっこいい」と「綺麗」が存在していると思うんです。BIGMAMAさんにはヴァイオリンがあって、私たちにはピアノがあって。なので、ライブでも「かっこいい」と「綺麗」を共存させたいと思っています。


金井:すごく素敵にまとめていただいて、ありがとうございます。今、色んなバンドがいる中で自分たちにしかできないライブをしようと思った時に、それってすごく大切なキーワードですよね。最近、目に見える人の盛り上がりに捕われなくても良いんじゃないかなって思っていて。目で見て、すごく盛り上がって見える時って本当に盛り上がっているかもしれないですけど、本当に心の中で盛り上がっているけど動けなくなる時もありますよね。ロックバンドは、粗暴というか、荒々しい熱量がかっこいいと思いますが、美しさとか、清らかさとか、正しさをサウンドメイキングすることもできると思っていて。そうやって、お互いが思っていることが繋がって、良い日になるといいなって。今、(長屋さんの)話を聞いて思いました。



Text:Naoko Takashima

Photo:Yuma Sakata

関連リンク
メニュー閉じる